News Headline

1: アルゼンチンバックブリーカー(dion軍)@\(^o^)/:2017/02/09(木) 15:56:34.36 ID:xHlpVTT00.net
米ツイッター社は7日(日本時間8日)、嫌がらせアカウントの作成抑止などの対策を発表、
開始した。全世界で3億以上、日本でも4000万以上のアカウントがあるサービスでは、
利用者が増える一方、悪意のあるツイートも増加。嫌がらせを受けたとの報告も
増えたことから、サービス改善に踏み出した。

 嫌がらせアカウントには、これまで管理者の目視や、ユーザーの報告により利用を止める
「凍結」で対応してきた。今回の対策では、アカウントを凍結されたユーザーが、
新規アカウントを作ることを防ぐ。


詳細は引用元より
嫌がらせつぶやきNO、ツイッター社が対策発表 - 社会 : 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1776455.html

続きを読む

20170208.jpg

1:ID:6rac67U70.net
ミシガン湖に火の玉が落下、警官が車載カメラで撮影
http://jp.reuters.com/article/fireball-idJPKBN15M0LW



米イリノイ州ライルで6日深夜、流星が火の玉となってミシガン湖に落下する様子が目撃された。
夜空が明るい青色に照らされたあと、ばらばらに砕け散って湖に落下したという。
地元警察官が撮影したビデオや専門家の説明で明らかになった。


詳細は引用元より
ミシガン湖に火の玉が落下、警官が車載カメラで撮影 | ロイター
http://jp.reuters.com/article/fireball-idJPKBN15M0LW

続きを読む

1: 雪崩式ブレーンバスター(北海道)@\(^o^)/:2017/02/05(日) 18:05:19.86 ID:Rt3hee9Y0●.net
トランプ米大統領は4日、米FOXニュースのインタビューで、ロシアのプーチン大統領について「尊敬している」と語った。

 大統領選の間からロシア寄りの発言を繰り返してきたトランプ氏は「ロシアと関係が良い方が、そうならないよりいい」と改めて強調。
過激派組織「イスラム国」(IS)対策を引き合いに、「もしロシアが我々を助けてくれるなら、いいことだ」と語った。

 インタビュアーが「プーチン氏は人殺しだ」と問うと、「人殺しなんてたくさんいる。我々の国が無実だと思うか」と擁護した。


詳細は引用元より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000027-asahi-int

続きを読む

1: 雪崩式ブレーンバスター(北海道)@\(^o^)/ :2017/02/05(日) 00:27:36.39 ID:Rt3hee9Y0●.net
 【ニューヨーク=吉池亮】イスラム圏7か国からの入国などを制限する大統領令に関連し、
米メディアは、先月31日に訪米したノルウェーの元首相が空港で一時身柄を拘束されたと一斉に報じた。

 外交官パスポートでビザ(査証)も保有していたが、イランへの入国履歴が問題視されたという。


詳細は引用元より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00050000-yom-int

続きを読む

1: メンマ(dion軍)@\(^o^)/:2017/02/02(木) 16:19:12.49 ID:akpYRkH60.net
カナダ東部オンタリオ州議会が12月13日を「南京大虐殺記念日」に制定する法案を
審議していることが分かった。昨年12月上旬に香港出身の中国系カナダ人議員が法案を
提出した。制定反対の署名集めも行われているが、同州は中国系人口が集中しており、
成立する可能性が高い。今年は南京事件から80周年にあたることから、記念日が
制定されれば「旧日本軍の残虐性」などをアピールする行事が開かれる可能性がある。


詳細は引用元より
【歴史戦】カナダのオンタリオ州議会が「南京大虐殺記念日」制定の法案 反対の署名活動も中国系多数で成立か - 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/170202/plt1702020003-n1.html

続きを読む

最新記事
空に超レアな虹「ファイアー・レインボー」が出現!―シンガポール Mar 02, 2017
ロシアのサバイバル番組が完全に漫画の世界と話題に Feb 26, 2017
地球に似た惑星7個回る 39光年先の恒星で 生命育む可能性も Feb 24, 2017
6万年前の生きた微生物、メキシコ鉱山で発見 セレナイトの結晶内部に閉じ込め―NASA科学者 Feb 22, 2017
NASAの「宇宙うんちチャレンジ」、最優秀賞は? Feb 20, 2017
News Headline
スポンサーリンク
Twitter
この記事をあとで見る
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
逆アクセスランキング
タグ/キーワード
お世話になっているサイト様
link-img01
このページのトップへ