News Headline

1:ID:CAP_USER9.net
◆チェルノブイリで育った放射線を好む菌類、宇宙ステーションへと運ばれる

NASAとSpaceX社は国際宇宙ステーションに向け、今後数ヶ月にわたり行われる研究に必要な250種類の道具が積まれた貨物を打ち上げた。
中でも際立っていたのが、史上最悪の原子力事故を引き起こしたチェルノブイリ近辺で発見された放射線を好む菌類である。



1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故の後、灰の中不死鳥のごとく息を吹き返したのは菌類だった。
それらは放射線を物ともせず、むしろその地域に順応するように成長したのだ。
これらの菌類の研究を深める事で将来的に被ばくした患者への治療に大いに役立つのではないかと科学者たちは考えている。

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所4号炉は非常用発電系統の実験中のミスにより科学的連鎖反応を起こし、炉心溶融した。
地域一帯には健康被害を引き起こすレベルの放射線が降り注ぐこととなったのである。
当時の研究者たちによれば炉心溶融により発生した放射線は当時の核弾頭の400倍に匹敵する量だという。

30年後の今年、地域一帯の生物・作物・住民からは炉心溶融の爪痕が今も尚確認できる。
しかしながら、その中でも科学者たちは一筋の希望を見つけたのである。

◇放射線を好む菌類

NASAのジェット推進研究所の科学者の一人、カツーリ・ヴェンカテワラン(省略ヴェンカテ)氏はこれらの菌類を国際宇宙ステーションに打ち上げる作戦を指揮した人物である。
チェルノブイリ事故現場から採取された菌類は、立ち入り禁止区域に指定されていないギリギリの場所で採取され、科学者たちはこれらの菌類が放射線の影響を受けず、むしろ放射線を好んで取り入れる事で成長する性質を持っている事を発見した。



ヴェンカテ氏は今回の研究について以下のコメントを残している
「ローレンス・バークレー国立研究所はチェリノブイリ研究所付近からサンプルを採取する許可を得ています。
チェルノブイリ事故の後、初めて命を吹き返した生命は菌類だったのです。
私達科学者はなぜ彼らがこういった環境下で生きていけるのか、確かめたかったのです」

◇メラニンと放射線の関係

ヴァンカテ氏とジェット推進研究所は世界中で行われる同様の研究を行うグループの一つである。
他にも数多くの企業が放射線の影響を受けて尚も生き続けるこの菌類に注目している。
研究チームによると私達の皮膚を黒く染めてしまう原因を引き起こす、「メラニン」という成分が菌類を放射線から守っており、放射線を食料に変えているのではないかと考えている。

「チェルノブイリ事故現場から発見された菌類は他の場所で採取された菌類よりもメラニンの量が極めて多く、これは菌類がその場の環境に対応してきた証拠です。
また、採取された菌類の20%は放射線から身を守るだけでなく、それを糧として育っているようです」とヴァンカテ氏は語る。



物質的な変化は事故現場から採取された菌類にしか見られない。
ゆえに放射線が菌類に何らかの影響を与えているのは明らかなようである。
これらの研究は行く行く新たな医療を切り開くのではないかと期待されている。

今後チェルノブイリ事故現場から採取した7種の菌類、そして過去に国際宇宙ステーションで過去に育てられた菌類1種、計8種の菌類が14日間無重力の宇宙空間で実験され、育てられることとなる。
その後菌類はその後地球に送り返され、ジェット推進研究所のヴェンカテ氏に送られ、そこで同じ期間地球上で育てられた菌類と比較・検証されるそうだ。



「これらの菌類を宇宙ステーションに送るのは、彼らがなにか特殊な物質を作っているかどうかを確認するためです。
これらの物質はガン治療や精神病治療を飛躍的に向上させる事ができるかもしれません」とヴェンカテ氏は語った。

カラパイア 2016年08月19日
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52223223.html

※>>2以降へ続きます。
2:ID:CAP_USER9.net
>>1の続きです。

◇チェルノブイリ菌は惑星での農業開拓の鍵に

だがこれらの菌類の魅力はそれだけではない。
放射線耐性のある菌類は農業の分野でも大きな革新をもたらす可能性を秘めており、菌類の物質変化やゲノムを紐解く事で、これまで過酷な環境であるが故に農作物が育てられなかった地球外の惑星等でも農業開拓が可能になるかも知れないのだ。

今回の研究が順調に運んだ後は火星での農作物の栽培などが行われる事だろう。
これらの菌類が私達の未来を切り開いていくのかもしれない。

※以上です。
116:ID:m8q5DKuH0.net
>>1 >>2
ゴジラの誕生だ!
4:ID:57QEGpXa0.net
ナウシカの世界か
86:ID:rvs/O04X0.net
>>4
まっさきにそれ思った
212:ID:nuijsHYc0.net
>>4
腐海に手を出してはならん
5:ID:36p53iug0.net
宇宙で大増殖?
6:ID:IrAYDFau0.net
原発事故もやってみるもんだな
30:ID:OUtpynyz0.net
>>6
失敗から学び、失敗をチャンスに変えるのが人間。
13:ID:uhUMn/KI0.net
腐海が出来て浄化されていくのだ
23:ID:NbMP8MVG0.net
分けてもらって日本で養殖しようぜ。
34:ID:TEuDV6fG0.net
>>23
というか、福島では採取できないのか?
まだ進化してないのか
112:ID:K6JHzd1s0.net
>>34
すぐに進化は無理だろうし、最低でも21年までは待とうぜ。
25:ID:f4K+2zJU0.net
放射能まみれになっても、それはそれで繁栄する種族が居るんだな。
地上から生物がいなくなることはないな。
27:ID:kgf1CSWB0.net
パニック映画の冒頭ですね
31:ID:kxWSEsO90.net
突然変異して宇宙飛行士の身体を乗っ取って帰ってくる未来しかみえない
36:ID:XKQ0eGfd0.net
ガミラス星の菌類か。
44:ID:HhLflu440.net
また村が一つ死んだ。行こう、ここもじき腐海に沈む。
48:ID:UQQTjUc9O.net
仮に研究が進み大量の放射線を浴びても生きていける細胞を人間に移植出来たら、核戦争で大きなアドバンテージになる
62:ID:kYFEbIiP0.net
>>48
スーパーミュータント乙
61:ID:pbSLfyOz0.net
どっかの惑星とかにもこういうのはいるんだろうな
73:ID:1h8zaBwI0.net
この菌を理解し扱えるようになれば
原発の近くか惑星で飯を食わずアトミック合成で
生きていける人間ができるわけか
110:ID:4EX2IJfu0.net
初めは小さなニュースだった

それが、終わりの始まりだった
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471573897
関連記事

News Headline

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
【イタリア】ローマの噴水での悪ふざけに最高3万円の罰金、夏季のみ実施 Jun 15, 2017
タイ警察、中国の「いいね」量産工場を摘発 Jun 14, 2017
【英国】女王のスピーチ、羊皮紙を使い、インクの乾燥に時間を要するため延期される見込みに Jun 13, 2017
【ドイツ】ロンドン行き空機内で「怪しい会話」をしていた3人が拘束される Jun 12, 2017
おうし座流星群に未知の小惑星か、地球衝突の危機高まる【チェコの天文学者チーム】 Jun 11, 2017
News Headline
スポンサーリンク
Twitter
この記事をあとで見る
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
逆アクセスランキング
タグ/キーワード
お世話になっているサイト様
link-img01
このページのトップへ