News Headline

1:ID:W2OliqYq0.net
中国人民解放軍の最新鋭ステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が9月下旬、天津市の公園に墜落していたことが分かった。
飛行中に鳥と衝突し、エンジン部分が損傷して飛行不能に陥ったとみられる。
J-10が黒煙を上げて墜落している写真がネット上に拡散している。

 ネット上では、「中国軍の戦闘機はよく墜落する。これで、市民が巻き添えになって犠牲になったら、国を守る軍ではなくて、犯罪だ」などとの辛辣なコメントが寄せられている。


詳細は引用元にて
中国の最新鋭ステルス戦闘機 天津市の公園に墜落か
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161015/frn1610151530004-n1.htm
2:ID:z7SVHABR0.net
安定してるな
3:ID:qUPSodhN0.net
いつもの
9:ID:We5qj03W0.net
ステルスすぎて鳥も見えなかったのか
10:ID:97TFs0pS0.net
中国では事故の犠牲者数は必ず35人以下と決まっている
12:ID:QuIwjkS80.net
ステルス機なの?
15:ID:ekxKCWJq0.net
鳥に近づいても気づかれないほどのステルス製なんだねすごいね
18:ID:Wenb5k8T0.net
何もやってないのに勝手に人も戦闘機も減っていくな
20:ID:LKdr+Fv00.net
多少のステルス性は考慮しとるだろうけどこれをステルス機と言われたら「?」って感じ。
21:ID:rLkSUe0/0.net
ちょっと天津飯食ってくる
24:ID:4JBROKae0.net
目撃者や事故に巻き込まれた遺族も見えないふりを強制される最強のステルス戦闘機
28:ID:aOr304Tw0.net
ステルス自爆機・・
恐ろしい兵器!
29:ID:QuIwjkS80.net
レーダーから突然消えるという意味ではステルス性抜群だな、UFOじゃないんだから
33:ID:H5/cesHH0.net
むしろ

墜落しない中国機なんてあるの?
52:ID:U+jlbWqH0.net
>>33
墜落は中国どころか全ての国で存分に起こり得る。
あの国の場合はその後の対応が色々と問題ありそうだね、ってのがようやく見える形で出てきた。
151:ID:MM3Cx5We0.net
>>33
失礼な中国戦闘機の8割は落ちないぞ!
そして2割の飛べる飛行機のうちで調子が悪いとたまに落ちるから
ほとんどが飛んでないし落ちないから!
34:ID:dkX1ZaT30.net
埋めて隠すのが本当のステルスある(`ハ´  )
35:ID:YZWLfrNp0.net
ステルスはJ-20じゃ?
39:ID:vl6JNMBr0.net
敵機と遭遇する前に自ら墜落する
これこそが究極のステルスではなかろうか
54:ID:JvUb7lQz0.net
J10もJ15もステルス機じゃないだろ
世代的にはF16とかの第4世代だろ
58:ID:IFRbhX5D0.net
爆発が無い!やり直しっ!
102:ID:I2cTjcFo0.net
爆発の次は墜落ネタでやってくのか
132:ID:rRBj/VX/0.net
鳥最強!
134:ID:AKNewn/20.net
以前ロケットの打ち上げを失敗して村一つ壊滅させたという噂は本当だろうか
164:ID:tnI9HAyp0.net
>>134
本当だろ。

ロケット燃料は猛毒だし
135:ID:f2KARSTx0.net
J-10はステルスじゃないだろ。
F-16みたいなもんだ。つうか、F-16をパクったやつだ。
138:ID:5d+o71Q00.net
しかし、鳥より弱い
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1476522292
関連記事

News Headline

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
【イタリア】ローマの噴水での悪ふざけに最高3万円の罰金、夏季のみ実施 Jun 15, 2017
タイ警察、中国の「いいね」量産工場を摘発 Jun 14, 2017
【英国】女王のスピーチ、羊皮紙を使い、インクの乾燥に時間を要するため延期される見込みに Jun 13, 2017
【ドイツ】ロンドン行き空機内で「怪しい会話」をしていた3人が拘束される Jun 12, 2017
おうし座流星群に未知の小惑星か、地球衝突の危機高まる【チェコの天文学者チーム】 Jun 11, 2017
News Headline
スポンサーリンク
Twitter
この記事をあとで見る
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
逆アクセスランキング
タグ/キーワード
お世話になっているサイト様
link-img01
このページのトップへ